CONCEPTミライズの家づくり

それぞれの家族にあわせた「家づくり」

  • 注文住宅
  • 設計

家づくりにおいて、建てる場所や環境、お客様の家族構成や将来を見据えた考え方というものは、お客様が100人いれば100通りの思いや考えがあります。
その全ての思いに柔軟に対応するため、ミライズの家づくりにおいて標準仕様というものは設定しておりません。

好み・こだわり・ライフスタイルなどお客様から1つ1つヒアリングした上で、その家族にあわせたお客様だけのオーダーメイドの家づくりをご提案させていただいております。

  • 注文住宅
  • 設計

長く安心して健康で暮らせる住宅性能

家とは、家族が忙しい毎日を過ごしている中で安らぎや癒しを与えてくれる場所であるべきです。
そのためには、室温や湿度、素材の温もり、光や風といった自然が与えてくれる心地よさ、暮らしに関わる様々な要素を細かく計算する必要があります。

その結果、住宅に掛かる負担が少しでも減ることで長持ちし、メンテナンス費用も抑えられます。また、温度差を抑えることで冷暖房機器の使用を控え、身体に掛かる負担も減り、家族の健康をも守ってくれる家ができると考えています。

長期優良住宅

長期優良住宅基準の家づくり

長期優良住宅

長期優良住宅とは、次世代に住み継いでいける住宅をつくることで、環境への負荷と国民の住宅に対する負担を軽減する目的で公布・施行されました。
国が定めた耐震性や耐久性能などの審査基準をクリアした住宅には「長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅」として認定されます。

長期優良住宅の基準 ※戸建て住宅の場合

劣化対策 数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できること(劣化対策等級3)
耐震性 極めて稀に発生する地震に対し、継続利用のための改修の容易化を図るため、損傷のレベルの低減を図ること。(耐震等級2以上)
可変性 居住者のライフスタイルの変化等に応じて間取りの変更が可能な措置が講じられていること。(戸建て住宅への適用なし)
維持管理・更新の容易性 構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・設備について、維持管理(清掃・点検・補修・更新)を容易に行うために必要な措置が講じられていること。(維持管理対策等級3相当)
省エネルギー対策 必要な断熱性能等の省エネルギー性能が確保されていること。(省エネルギー対策等級4)
住戸面積 良好な居住水準を確保するために必要な規模を有すること。(床面積の合計が75㎡以上)
居住環境への配慮 良好な景観の形成その他の地域における居住環境の維持及び向上に配慮されたものであること。(所管行政庁が審査)
維持保全計画 建築時から将来を見据えて、定期的な点検・補修等に関する計画が策定されていること。(10年ごと点検、維持保全の実施期間が30年以上)
ミライズの家は耐震等級3が標準性能

地震に強い「耐震等級3」の家づくり

ミライズの家は耐震等級3が標準性能

ミライズの家は最高等級の「耐震等級3」の家づくりを標準性能としています。これは建築基準法で定められた1.5倍の強さを持ち、警察署や消防署と同レベルの性能です。
もしもの時のために備えることはとても大切だと考えます。より安心で安全な建物を提供することで施主様やご家族の命と安全を守るため、ミライズは耐震等級3の構造をモットーとしています。

建物の耐震等級

耐震等級1 建築基準法の最低基準
極めてまれに(数百年に一度程度)発生する地震でも倒壊しない程度の耐震性
耐震等級2 長期優良住宅認定基準
建築基準法の1.25倍の耐久性で、病院や学校等の避難所となる建物が相当する耐震性
耐震等級3 ミライズの基準
建築基準法の1.5倍の耐久性で、消防署や警察署など防災拠点となる建物が相当する耐震性
  • 2016年に発生した熊本地震のような大地震においても、木造住宅のうち耐震等級3のものは唯一倒壊することはなく、ほとんどが無損害でした

ベタ基礎一体打ち工法

ベタ基礎一体打ち工法とは?

木造住宅の基礎工事において、ほとんどの場合はベース面にコンクリートを施工して固まった後に、もう一度立ち上がり部分にコンクリートを打つ「打ち継ぎ工法(二度打ち工法)」で施工します。しかし、打ち継ぎ部に隙間ができるために雨水やシロアリの進入路となってしまう恐れがあります。

ミライズの家づくりでは、ベースと立ち上がりの基礎を1度に打つ「ベタ基礎一体打ち工法」を採用しています。ベタ基礎一体打ち工法とは、ベース面と立ち上がり部分を一体化としてコンクリートで同時に打つ一体打ち工法です。ベタ基礎一体打ち工法による施工によって、打ち継ぎ工法におけるデメリットを解消でき、一体化とすることで工期の短縮となるだけでなく、打ち継ぎ工法よりも強度がアップします。

打ち継ぎ工法
ベタ基礎一体打ち工法

強度比較のデータ

強度比較グラフ
状態 二度打ち 一体打ち
基礎の反り 20KN 60KN
クラック発生 65KN 変化なし
爆裂 80KN 変化なし
破壊 90KN 90KN以上でも変化なし

アフターサポート

家が完成して終わりではなく、新しい暮らしがスタートするということ。
だからこそミライズでは、安心して快適な暮らしを続けていただけるよう定期点検を実施しております。

生活の変化や年月の経過とともにお手入れをしながら住み続けることで、より長く快適に住み続けることができます。お引渡しより定期点検を設け、問題点や不都合や点などをお伺いしてお住いのメンテナンスをさせていただきます。

完成後の安心保証

住宅瑕疵担保責任保険
住宅の「構造耐力上主要な部分(基礎・床・柱・外壁・屋根など)」および「雨水の侵入を防止する部分(屋根・外壁など)」について瑕疵(欠陥)があった場合に完成後10年間保証をします。
地盤保証
建築基準法に準じた地盤調査を行い解析データに基づいて必要に応じた改良や補強を行います。万が一、地盤の不同沈下により建物が損害を受けた場合に10年間保証をします。
シロアリ保証
施工した建物には建築基準法規定の防腐・防蟻処理を行います。万が一、シロアリによる被害があった場合に10年間補修費用を補償します。
衛生設備器具保証
設備のメーカー初期保証が1年ですが、ミライズの標準保証は5年間となっております。また、別途オプションのお申し込みで10年間保証もできます。

減税・補助金の有効活用

減税制度・補助金

住宅を新築・リフォームする際に、国や地方自治体の支援事業により一定の条件を満たすことで利用できる減税制度や補助金等を支給するさまざまな制度があります。
さらにミライズでは、長期優良住宅やゼロエネルギー住宅といった環境負荷が低い木造住宅の建築において、地域型住宅グリーン化事業の補助金が活用できます。

例えば、長期優良住宅であれば110万円+地域材の活用で20万円、合計で130万円の補助金をこれまでのお客様にご活用していただいております。
この補助金は国から採択を受けた工務店のみが活用できる補助金です。

新築の場合には、住宅ローン・不動産所得税・登録免許税・固定資産税などの税金を購入してから一定期間、控除・軽減される減税制度があったり、条件を満たすことで特定の優遇措置が受けられる優遇制度があります。
また、補助金は各制度の公募期間が設定されていたり、年度や自治体によって内容が異なりますのでどのような補助金があるかお気軽にお問い合わせください。
ミライズでは、お客様の住宅に活用できる制度を視野に入れながら最適なご提案をさせていただきます。

PAGE TOP